秒刊情報@TODAY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シングルプレー・キャンペーンを盛り込む『Titanfall 2』、スピンオフ・ドラマの計画も



titanfall3.jpg
Respawn Entertainmentのリード・ライターJesse Stern氏が、現在開発が進められている『Titanfall 2』の新たな情報を明らかにしています。
『Call of Duty 4: Modern Warfare』やその続編の他にも、テレビ・ドラマ『NCIS ネイビー犯罪捜査班』などの脚本を手掛けてきた経歴を持つStern氏によると、2014年末から開発がスタートしたという『Titanfall 2』では、1作目には実装されなかったシングルプレー・キャンペーンを通じて、世界観をより深く掘り下げるのです。

Jesse Stern
(開発がスタートして)まだ1年を少し過ぎた程度に過ぎないよ。この手のゲームは完成までに2年かかるのが普通です。(完成は)今年の年末か、来年の初め辺りになるでしょう。
マルチプレー部分は、1作目を凌駕する出来になる。1作目はXbox独占だったが、今度は全てのプラットフォームでリリースされるはずです。1作目の欠点の一つは、「君たちはこういう人間で、こういう場所にいて、周りにはこういう連中がいます」といった点を伝えるメカニズムが実装されていなかったことです。我々には全ての答えが分かっていたが、それを伝えることをしなかった。
我々は今回、宇宙に舞台を置き換えてアメリカ独立戦争や南北戦争を語り直す、壮大な世界的植民地戦争というビジョンを伝えるために全力を注いでいます。次世代の移民が、居住可能な惑星という新たなフロンティアを目指して飛び立つんです。我々としては、伝統的なSFアプローチではなく、より実際的な物の見方をしています。宇宙船の見た目であったり、開削や建設、粉砕、整地用のマシーンが、戦争の道具へと作り替えられたらどうなるのかといった点です。
必然的な紛争や戦争による技術的進化、次の戦争の様相の接合点にインスピレーションを得ています。『Titanfall 2』には科学と魔法の融合も多く見られますが、地に足の付いた、人間的な本物らしいレベルに抑えているんです。
映画『ハンガーゲーム』などを手掛ける制作会社のテレビ部門Lionsgate TVとの提携によるスピンオフ・ドラマも計画しているという『Titanfall 2』ですが、題材が題材だけにかなりの制作費がかかるだろうとStern氏。

Jesse Stern
世界観を壊さずに物語を語り、それをテレビ・モデルの範疇で制作する方法を模索しているんです。
再びEAがパブリッシャーを務める『Titanfall 2』は、来年春までにリリースされる予定となっています。



http://www.gamespot.com/articles/titanfall-2-has-single-player-campaign-tv-spinoff-/1100-6434584/

スポンサーサイト
[ 2016/02/08 13:59 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

明美先生

Author:明美先生
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。