秒刊情報@TODAY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

かつてブルックリンを描いた「The Division」の舞台はマンハッタンのミッドタウンにフォーカス、レベルキャップに関する話題も

「 The Division 」

1月28日と29日のクローズドベータ開幕に向けたプレビューやインタビューが一斉に解禁され、多数の新情報が噴出しているUbisoftの期待作「Tom Clancy’s The Division」ですが、ベータビルドから浮上した全体マップ(ダークゾーンを中央に擁するマンハッタンの一部)のディテールに注目が集まるなか、本作のクリエイティブディレクターMagnus Jansen氏がローンチ時における”The Division”の舞台に言及し、かつて映像に登場していたブルックリン地区を実装せず、ベータビルドに見られるマンハッタン区のミッドタウンにフォーカスすることが判明。その他の地域がDLC等で拡張されるのではないかと注目を集めています。
Examinerのインタビューに応じたMagnus Jansen氏は、パンデミックが発生したマンハッタンのミッドタウンが封鎖され、ガソリンを含む資源が底をついた状態にあることを挙げ、パンデミックが発生した都市部の徹底的な再創造を目指したと説明。作りこまれたマンハッタンのミッドタウンはプレイヤーを没頭させる広大なオープンワールド世界と経験をもたらすだろうと強調しています。
なお、2013年のE3トレーラーには、制圧されたブルックリンの警察署を開放するエージェント達の戦闘が収録されており、映像の最後にはダークゾーンを含むマンハッタンのミッドタウンとダウンタウン、2か所のダークゾーンを擁するブルックリン区の全体マップが登場していた経緯が知られており、今のところ詳細は不明ながら、今後のDLCや拡張を通じて新たな地域が実装されるのではないかと噂されています。
なお、ベータにてプレイできるマンハッタンのミッドタウンは、屋外から屋内環境、ビルの屋上、地下エリアまで、かなり作りこまれたレベル環境の存在が確認されており、ローンチ時にどこまで濃密なオープン環境が提示されるのか、迫る発売に期待が掛かるところです。

「the division」
参考:E3トレーラーに収録された全体マップの一部、北西にマンハッタン、南東にブルックリンが広がっていた
「the division」
ベータビルドにて確認されたマンハッタン区ミッドタウンの全体マップ


参考:ブルックリンで展開し、最後にマンハッタンを一望するシーンが収録されたE3 2013トレーラー
なお、VG247のインタビューに応じたMagnus Jensen氏は、本作のエンドコンテンツとレベルキャップに言及しており、最大レベルは30となるものの、その後も強力な装備が用意されており、ダークゾーンの北部が全く新しいコンテンツとチャレンジを提示し、エンドコンテンツに相応しい強力なLoot品を入手するためのエリアだと明らかにしています。なお、ミッドタウンのダークゾーンは南から北に向かって4つの区画に分けられていることがベータのプレビュー映像から判明していました。
スポンサーサイト
[ 2016/01/19 18:02 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

明美先生

Author:明美先生
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。