【超難問】 とある学校で出された論理学の問題難しすぎwwwwwww 意味不明すぎなんだけどwwwwww

24 Comments
明美先生
倫理学に関連した画像-01
■ツイッターより


問.「外では雨が降っており。かつ雨は降ってない」という前提から「源義経の母親はナポレオンである」という結論を導け

倫理学に関連した画像-02









1 名無しさん必死だな 2014年07月16日 14:35
うぜえええええ!
どいつもこいつも哲学ぶるな!
鬱陶しい


2 名無しさん必死だな 2014年07月16日 14:37
倫理?
何言ってんだお前ら、これ論理の問題だろ?
数式にもできるぞ


3 名無しさん必死だな 2014年07月16日 14:40
A「外では雨が降っており、かつ雨は降っていない」
B「源義経の母親はナポレオン」
と言う結論を導け。

これは簡単な倫理の問題

「A=外では雨が降っており、かつ雨は降っていない」の意味は、外以外では雨が降っている。

つまりAを発言したものは隔離状態にある

外=社会、外以外=隔離状態。

つまりAを発言したものは統失患者


B「源義経の母親はナポレオン」の意味は
源義経 1159年生誕-1189年没
ナポレオン 1769年生誕-1821年没
つまり通常では有りえない事。

つまり、A、Bとも同一人物の発言なら統失患者の戯言。


4 名無しさん必死だな 2014年07月16日 14:41
「外では雨が降っており。かつ雨は降ってない」
なんてことは現実にはあり得ない。
しかしこのような現実的にあり得ないことを正しいと仮定してしまうと、
世の中のどんな滅茶苦茶な事もあり得ると仮定できることになる。




5 名無しさん必死だな 2014年07月16日 14:45
論理学が役に立たないとかあほかよ
お前のパソコンのCPUだって論理回路で動いてるんだぞ?


6 名無しさん必死だな 2014年07月16日 14:48
外で雨が降っており、かつ降ってない → 地域により異なる
源義経の母親はナポレオン → 歴史上の人物をさしてるとは限らない

屁理屈論破


7 名無しさん必死だな 2014年07月16日 14:49
外では雨が降っているところもあれば降っていないところもあるから別に変ではない
源義経さんとナポレオンは時代が違うから直系親子はあり得ないわ
別世界の義経さんとナポレオンさんなら納得


8 名無しさん必死だな 2014年07月16日 14:53
((A&¬A)ならばB)の(A&¬A)の部分は常に偽
((A&¬A)ならばB)が偽になるのは(A&¬A)が真でBが偽のときだけ
すなわち((A&¬A)ならばB)は常に真である


9 名無しさん必死だな 2014年07月16日 15:01
これ論理学学んだ人なら初歩の初歩だよ
文の内容自体にはほとんど意味がなく、あり得ない文章からあり得ない文章を導くという文の構造が問題

まぁ論理学なんて学んだことないから適当に言ってるわけだが


10 名無しさん必死だな 2014年07月16日 15:02
対偶知ってれば高校生でも解けるだろ

答.「外では雨が降っていない。または雨は降っている」という前提から「源義経の父親はナポレオンではない」

はい論破


11 名無しさん必死だな 2014年07月16日 15:13
雨が降っているのに降っていないというのは矛盾してるんだが、矛盾が成り立つというのが前提ならば、ナポレオンは男なのに、母親という矛盾もなりたつんじゃねえか?

これでいくらか点数くれるやろ(震え声)


12 名無しさん必死だな 2014年07月16日 15:15
A=外では雨が降っており。
notA=雨は降ってない
外では雨が降っており。かつ雨は降ってない=A and notA=0 ← つまり成立しない
B=源義経の母親はナポレオンである
ナポレオンは女性ではないので母親にはなり得ない
源義経とナポレオンは生存していた時代が異なるから親子関係もなり得ない
よってBも成立してない
故にA and notA=B
ってことか?


13 名無しさん必死だな 2014年07月16日 15:19
随分数学的というかデジタルというか
肯定と否定の組み合わせの後何が証明できるか?って感じか?
これ論理学というより言葉遊びに見える


14 名無しさん必死だな 2014年07月16日 15:26
変な日本語の意味に惑わされず、基本通りにやれば出来るんじゃないか?
少なくとも大学で論理学の講義まともに受けてたならわかるはず
高校は知らん


15 名無しさん必死だな 2014年07月16日 15:31
カードの表側に雨が降っている絵を描く
裏側に雨が降っていない絵を描く
このカードは前提に矛盾していない
証明終わり


16 名無しさん必死だな 2014年07月16日 15:32
何かあれを思い出した
科学者は神や死後の世界の不在を証明できないから
どんなに非科学的でも「神や死後の世界は存在しない」と言えないってやつ

ホーキング博士は普通に「神も死後の世界もあるわけねーよ」つってたけどな


17 名無しさん必死だな 2014年07月16日 15:40
論理学では
「仮定が偽ならば、
結論は無条件で真になる」
っていうのが重要

仮定(A∧¬A)は常に偽なので
結論はどんな命題でも真になる


18 名無しさん必死だな 2014年07月16日 15:40
つまだな、ナポレオンに傘を届けてくれと、

母ちゃんが言ってたんだ。

今日も暑いからな・・・


19 名無しさん必死だな 2014年07月16日 15:43
これ論理学の問題としては、非常に初歩的な問題なんだが…
それと、文系も大変だなとか書かれているが、論理学はむしろ理系のカテゴリだ
いわば数学の親戚
さらに倫理学とは全く関係のない学問だからな
大学で初等論理学なんて文理両方やるような気がするが、ここは本気でバカしかいないのか


20 名無しさん必死だな 2014年07月16日 15:50
論理学も知らないのか・・・・・
中韓が仕掛けてる日本総白.痴化計画は
着々と進行中だな・・・・




スポンサーサイト
明美先生
Posted by明美先生

Comments 24

There are no comments yet.
名無しさん  


AさんとBさんは、政治パーティに出かけた。
Aさんがある候補者に「君に投票するよ」と言い、
その敵対候補者にも「君に投票するよ」と言った。
BさんがAさんに
「あなたは矛盾しているよ」
と咎めると、Aさんはこう話した。
「矛盾しない。何故なら前提が間違ってるからだ。
 僕は(本当は)選挙で投票しに行かない」

Aが投票に行かない時点で、Aの約束は「矛盾する結果」に至らない。
もしAが投票に行ったら、そこで初めて矛盾が生まれる。

1970/01/01 (Thu) 09:00 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

A:雨が降っている
B:母はナポレオンである
とすると、まず前提は
AかつnotAが真、(雨が降っていて、雨は降っていない)
なので、AもnotAも、各々が常に真(ありえないけど)

それに対して、
AかつB、 (雨は降っていて、母はナポレオン)
notAかつB、 (雨は降っていないが、母はナポレオン)
という二つの事を考える。
この二つの事が共に真となるのは、
(AもnotAも各々が真なんだから、)Bが真のときだ。
だから母はナポレオン、は真でなければならない。

結局は、もう出てるけど、
あり得ないことが成り立つときは何でもかんでも真よねHAHAHA
ってだけだ。

2014/07/16 (Wed) 14:33 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

「外では雨が降っており。かつ雨は降ってない」
これを聞くと、一般であれば秋葉原在住で外は雨だけど、品川は降ってないよね?って意味にとらえてしまう。
外の定義をどこまでするかをまず考えてしまうわw
対話の前提条件が共有されてないと、答えが出ねーんだけど、論理学の前提条件を知らないんで俺には分かりませんw

2014/07/16 (Wed) 14:34 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

この世界の外ではアメリカが降伏している並行世界が存在し、
かつ、アメリカが降伏していない並行世界も存在する
また、義経の母親がナポレオンである並行世界も存在する
我々の世界とは別の、もう一人の義経やナポレオンであり
アイデンティカというわけだな
論理的に説明は十分可能

2014/07/16 (Wed) 14:34 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

雨が降っている と 雨が降っていない が同時に成り立つなら、
母親はナポレオン と 母親はナポレオンでない も同時に成り立つはず。
だから 母親はナポレオン は成り立つ。

2014/07/16 (Wed) 14:34 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

A⇒B
⇔¬A∨B で
P∧¬Pは偽だから
(P∧¬P)⇒Qは真

2014/07/16 (Wed) 14:35 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

Aが矛盾してるのに成立してる前提
だからその前提ならばBも成り立つ
それだけ

2014/07/16 (Wed) 14:35 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

難しく考えすぎだろ
雨降ってるのに降ってないってわけわからんことが成立するって言ってんだから、
義経だろうが信長だろうが宮本武蔵の母親が、ナポレオンでもピカソでもジャンヌ・ダルクでもなんでもOKってことでしょ。
前提がめちゃくちゃだから後から正しくないこと何言っても成立するってことだ。

2014/07/16 (Wed) 14:35 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

ヒキニートだからわからんわ。お前は何を言っているのか?
外は雨が降ったりやんだりするから
義経だったりナポレオンだったりには母親がいるって話か?

2014/07/16 (Wed) 14:35 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

論理学ってこういうもんなん?
ツイッターの説明見て、なんとなくわかったが、
それでも題が何を求めてるのかさっぱりわからんのだが

2014/07/16 (Wed) 14:37 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

外では雨が降っていて、かつ雨は降っていない
前半では主観が屋内にあり、屋内周辺の天候は雨である事が分かる
後半では主観が何れにあるのかが不明で、天候は雨以外の何かである事が分かる
前後が読点で区切られているため主観は等しく屋内にあると仮定すると
「屋外では雨が降っているが、屋内には雨が降っていない」と屋根が健在である事が分かる

もう無理だってばよ

2014/07/16 (Wed) 14:38 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

論理学はとにかく徹底的に機械的な考え方をしないとダメ
かくいうオレも理屈でばっかり考えるからサッパリ分からん
まぁ普通はこんな意味の通らない問題は出ない(と思う)

2014/07/16 (Wed) 14:40 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

外では雨が降っている=A、だから、雨が降っていない=notA、となる
文章が「かつ」で結んでいるから、A=notAっていうふうに、常識的に考えるとおかしいものでもここではイコールってことにして良いって「前提」だから
B=notBやC=notC、D=notDも成立する
B=源義経の母親はナポレオンである
なので、
notB=源義経の母親はナポレオンではない
となる
つまり、A=notAを前提にするなら、notB=B、つまりはB=notBが成立する
すなわち、源母はナポってことにしていいよ
ってこと?

2014/07/16 (Wed) 14:40 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

ホント馬鹿だな
こんな入門みたいなもん、出席確認テストだろw

授業出てないのか寝てたのか
バカを自ら晒していくスタイルですかねw

2014/07/16 (Wed) 14:40 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

簡単にいうと命題P,Qがあったときに
「P→Q」(PならばQ)という命題は、Pが偽ならQが真だろうが偽だろうが真になる。
この問題に当てはめると
P:雨が降っていてかつ雨が降ってない
Q:源義経の母親はナポレオン
ってことになるんだが、この命題Pがそもそも偽なんだよな。
「雨が降っていてかつ雨が降ってない」なんてあり得ないから。
だから「”雨が降っていてかつ雨が降ってない”ならば”源義経の母親はナポレオン”」という命題は正しい。
後は三段論法で行ける。
論理学やってないとちんぷんかんぷんだけど割と簡単。

2014/07/16 (Wed) 14:41 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

雨が降っていてかつ雨が降っていない、という状態は有り得る
そもそも、雨というのは水滴だが、本来、雨が降っているという状態は
水滴が雲から降下してきて、水滴が存在している空間と
水滴が存在しない空間が共に重なり合って存在しており
逆に、雨しか降っていない状態の方が有り得ないというわけである

2014/07/16 (Wed) 14:41 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

ぼく中学生だけど
論理問題って楽しいよね 下は濡れてるのに上は濡れてないもんね
1+0は10だよ

2014/07/16 (Wed) 14:42 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  


 しからば

ナポちゃんの母親が義経の母親と同一だと脳味噌で判断して

2014/07/16 (Wed) 14:42 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

論理式の演習問題だよね。
矛盾からは何でも導けるってのが論理式の約束事だから、そういうルールを覚えてるかどうかを試すだけのごくシンプルな練習問題だよ。
三段論法とかとは一切関係ないです。

2014/07/16 (Wed) 14:42 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

論理学では有名な話。
前提があり得ない状況では、どの結論も矛盾しない。
そういう公式みたいなのがある。

ある逸話を抜粋すると

2014/07/16 (Wed) 14:45 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

あーわかった
「そんなことはありえない」
だろ?

2014/07/16 (Wed) 14:45 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

これがどこに役立つかだが、
女がよく言う、わけのわからん理屈がまさにこれ。
最初にむちゃくちゃな命題から出発し、どんどん結論がずれてく、というやつ。

人生で役に立たせるためには、これを打ち破れないといけない。

2014/07/16 (Wed) 14:46 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  


論理にあってるも何もないだろ
どんなに大層な学者が出した説でも万人から同意を得られる事はない
その絶対的な事実があるからこそ
物事の論理は絶えず変化しより良いものになっていくのだろう

他人の意見を何も考えず鵜呑みにしてる時点でしょせん教科書を勉強してる。
中高生と変わらない

2014/07/16 (Wed) 14:46 | EDIT | REPLY |   
名無しさん  

人がどの場所にいようが人物の同一性に影響ないことを利用して、
まず母親を外に、ナポレオンを雨をしのげる屋内に配置する。
雨が降っているという前提条件から、雨に濡れていないならばその人はナポレオンである(1)
一方雨が降っていないという前提条件から、母親は雨に濡れていない(2)

(2)と(1)より、母親はナポレオンである。

2014/07/16 (Wed) 14:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply


最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

アクセスランキング