秒刊情報@TODAY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

銃愛好家「4歳の息子でさえ22口径を撃っている」 → 息子に後ろから45口径で撃たれ重傷

1

米南部フロリダ(Florida)州で8日、銃所持の権利を熱心に支持していた女性が、4歳の息子の銃誤射により重傷を負った。地元当局が9日、発表した。女性は銃の管理をめぐり刑事責任を問われる可能性があるという。

負傷したジェイミー・ギルト(Jamie Gilt)さん(31)はこの前日、息子の銃の腕前をインターネット上で自慢したばかりだった。

ギルトさんが車で幹線道路を走っていた際、後部座席にいた息子が銃を誤って発砲。銃弾は座席を貫通し、ギルトさんの背中に当たった。パットナム(Putnam)郡保安官事務所の声明によると、銃はギルトさんが合法的に所有していたもので、ギルトさんの知らないうちに子どもが手にしていた。

同事務所は今後、銃が子どもの手に渡った詳しい経緯を調べるとしているが、その結果によっては、ギルトさんが刑事責任を問われる可能性もあるという。子どもにけがはなく、現在、親戚の元に預けられている。NBCニュース(NBC News)は警察当局の話として、銃は45口径の拳銃で、ピックアップトラックの床にあったのを息子が見つけたと伝えた。

交流サイトのフェイスブック(Facebook)上にあるギルトさんのものとみられるページからは、ギルトさんが銃を所持する権利の熱心な支持者であることが分かる。ページにはギルトさんが銃を持ったりカウボーイハットをかぶったりしている写真も掲載されていた。

ギルトさんは7日、自己防衛のための銃所持についてのフェイスブック上の議論で、「私の4歳の息子でさえ、22口径(の銃)で標的を撃ってはしゃいでいますよ」と豪語していた。

http://www.afpbb.com/articles/-/3079893
スポンサーサイト
[ 2016/03/11 12:14 ] 痛いニュース | TB(0) | CM(2)
重症を負って高額な医療費を支払わなければならない上に刑事責任を問われ、さらに世界に晒される。

「ふんだりけったり」って言葉の意味がよく分かる事例だなwww
[ 編集 ]
後遺症残りそうだな

4歳なのにもう親を介護することになるのか
[ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

明美先生

Author:明美先生
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。