秒刊情報@TODAY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヤクザの主張「俺たちに人権はないのか」 病院に若い衆が見舞いに来た 翌日いきなり『退院です』と告げられた



ヤクザ排除の流れは人間生活を送るうえでは必要不可欠な医療にまで広がっている。関西の暴力団員である吉田達夫氏(仮名・41歳)はこう語る。

「数か月前に自宅で足の骨を折って救急車で運ばれた。そのときは救急病院で先生に診察してもらい、そのまま3日間の入院となった」

しかし、入院の翌日には病院側から退院を言い渡されることになったという。

「入院直後に若い衆が数人見舞いに来た。それが病院側の癇に障ったらしく、いきなり『退院です』と告げられた。あまりにも不可解なので『なんでですの?』と尋ねると『周りの患者さんに迷惑がかかりますから』とにべもない。仕方なく手続きをして病院を出た」

吉田氏は後日、再診に向かったが病院側は「他の患者さんに迷惑がかかりますので」の一点張り。結局、診察は受けられず、別の病院で治療を行うことになった。

「今回は単なるケガやったからよかったものの、病気になっても同じようにされるかと思うと生きた心地はせんわな」

実は吉田氏は任侠道に生きる人間ならではの「ある障害」がある。重病になった場合は死に直結する。

「MRIに入ると刺青はヤケドする。最近はヤケドしない墨があって若いヤツはそれを入れてるから問題ないが、俺らみたいな年寄りはいくら医療の技術が進んでも精密検査はできない。こればっかりは『ヤクザの勲章』と思って諦めるしかないな」

世間の風当たりは強くなる一方の任侠の世界。死に様すら選べない時代がすぐそばまで迫っている。

― ヤクザの主張「俺たちに人権はないのか」 ―

http://nikkan-spa.jp/1055024
スポンサーサイト
[ 2016/03/08 11:34 ] 痛いニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

明美先生

Author:明美先生
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。