秒刊情報@TODAY

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【実写化】 香取慎吾さんが名作漫画『ポーの一族』をモチーフにしたサスペンスドラマの主演に! とんでもなくタイトルがダセェwwwwと話題

672956b2

香取慎吾主演のサスペンスドラマ 名作漫画『ポーの一族』モチーフに | ORICON STYLE 

SMAPの香取慎吾が主演するドラマスペシャル『ストレンジャー~バケモノが事件を暴く~』が3月27日(後9:00)にテレ朝系で放送される

このドラマ、少女漫画の名作、萩尾望都氏の『ポーの一族』を原案にしたサスペンスドラマで、香取は不老不死の肉体を持ち、時代をさまよい続ける“バンパネラ”を演じる

監督を務めるのは、『踊る大捜査線』シリーズの本広克行氏

香取が演じる三杉晃は、92年前の大正時代に医師として生きていたが、最愛の妻と息子を失い、睡眠薬を飲んで自殺を図ろうとしたところを真理亜という謎の少女に助けられ、以来、不老不死となりましました。女性ばかりを狙った連続殺人事件の現場にたびたび居合わせ、事件を追う刑事に疑惑を抱かれるところから物語は進んでいく。

ポーの一族 - Wikipedia

『ポーの一族』シリーズは漫画雑誌『別冊少女コミック』1972年3月号から1976年6月号に断続的に連載され、その中核となる単独作品「ポーの一族」は1972年9月号から12月号に連載されました。

■あらすじ
1744年、森の奥に捨てられた幼いエドガーとメリーベルは、老ハンナポーに拾われて育てられますが、老ハンナとポー家の一族の人々は吸血鬼「バンパネラ」であった。11歳のときに一族の秘密を知ってしまったエドガーは、成人すれば一族に加わることを約束させられ、その代わりにメリーベルを巻き添えにしないよう彼女を遠くの町に養女に出させる。1754年、エドガーが14歳のとき、正体を村人に見破られた老ハンナは胸に杭を打たれて消滅してしまう。彼女の連れ合いで一族の最も濃い血をもつ大老(キング)ポーは、いやがるエドガーを無理やり一族に加えてしまう。
3年後、13歳になったメリーベルはバンパネラのエドガーと再会し、自ら一族に加わることを望みます。それから2人は一族のポーツネル男爵とその妻シーラを養父母として100年以上の時を過ごすが、1879年、4人の正体を知った医師によりメリーベルとシーラが消滅させられ、ポーツネル男爵もその後を追って消滅してしまう。
最愛の妹を失ったエドガーは絶望と悲しみに沈む中、新たにアラントワイライトを一族に加え、以後2人で100年近くの時を過ごすことになる。しかし1976年、2人にも永遠の別れの時が訪れる。
スポンサーサイト
[ 2016/02/29 11:02 ] 漫画・アニメ等 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

明美先生

Author:明美先生
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。